三國志覇道 戦力について

三國志覇道 戦力について

どーも、みなさんこんばんは。リーレです。

三國志をプレイしていたら必ず意識してしまう「戦力」。みなさん思考錯誤しながら戦力上げをしていると思います。

ただ

  • レベルを上げるべきなのか
  • グレードを優先するべきなのか
  • 将星が最優先にするべきなのか

など、色々と考えてしまうと思います。

今回はこんな風に悩んでしまう戦力を増やす方法と、戦力以外に大事なことについて解説していきたいと思います。

戦力を決める要素

武将の戦力を決める要素は以下の通りです。

  • 武将ステータス
  • 戦法
  • 技能
  • 研究

これらのうちステータスと研究は強化できるため、戦力を伸ばすのであればこの2つの強化は欠かせません。

ステータス強化方法

ステータスを強化する方法は

  • レベルを上げる
  • グレードを上げる
  • 将星を重ねる

などがあります。

 

レベルを上げる

1つ目は武将をレベルを上げる方法です。レベル上げに必要な経験値は経験値書の経験値が主になります(修練・採集などでも経験値は得られますが、雀の涙程度)

 

候補に上げた中で一番手軽に戦力を上げることができる項目で、レベル上げに必要な経験値書は賊討伐の報酬か商店での購入が主になります。

このうち、商店での購入は銅銭が必要なためオススメできません。地道に賊を狩り、経験値書を入手するのが効率よくレベルを上げるコツです。

とある賊討伐ログ。1回の討伐で経験値18万も稼いでいます

※効率よくレベルを上げたい人向け

三國志覇道 効率の良いレベル上げについて

グレードを重ねる

2つ目は武将のグレードを上げる方法です。

天賦800のSSR武将の場合、グレードが1ランク上がるだけで約40ほど戦力が上がります。1レベルアップで20程度上がるので、レベルに比べると少なく感じます。

しかし、レベルは上がるほど必要経験値も増えてくるため伸び悩むのに対し、グレードは素材と銅銭があれば強化できるため、伸び代があるという特徴があります。レベルアップが望めない場合に見直したい戦力アップ項目です。

恩恵比較表。グレードのほうが補正が少ないですが
レベルは40になるために約220万経験値も必要なため、伸び代少なめです

※各グレードに必要なグレード素材・銅銭量についてはこちら

三國志覇道 グレードアップ素材と必要銅銭について

将星を重ねる

3つ目は将星を重ねる方法です。実はこの将星重ねが一番戦力上昇が望めます。

下の画像は、天賦800の魏延の将星を1つ重ねた際の画像です。

将星を1→2にしたときの画像。戦力が約320も上がっています。

なんと、将星1つ重ねただけで戦力が約320も上がっています。レベル換算で16、グレード換算でも8グレード分も上昇しています。

友好度を貯めるのは贈り物・更新令の面で大変ですが、それ相応の戦力アップが望めます。

※将星ランクアップに必要なものはこちら

三國志覇道 レベルアップ・将星ランクアップに必要なものまとめ

戦法・技能

戦法・技能はあればあるだけ戦力値が上がります。

戦法・技能ごとにも戦力値が設定されているようで、同じような武将ステータスでも戦法や技能の種類や個数が違ってくると、戦力も差が出ていました。

どの戦法・技能が戦力が上がるかはっきり分かっていませんが、天賦の高いSSR武将の持っている戦法・技能は戦力が高いことには間違いありません。

研究

戦力は研究でも上昇することが分かっています。ただし、1つ強化で0.3%という世界のためいきなり戦力が跳ね上がることはありません。

元の数値が高いほど研究の恩恵は受けやすいため、最初に紹介したステータスアップと並行して研究を進めていきましょう。

部隊攻撃(+0.3%)を研究した結果。戦力が約70ほどしか上昇していません

戦力以外で戦闘に大事なこと

実は、戦力以外にも戦闘で大事なことがあります。それは「連鎖率と戦法のコンボ」です。

 

いくら強い戦法持ち武将で編成していても、主将しか発動しなければ宝の持ち腐れです。また、戦法が連鎖しても攻撃戦法が発動したあとに能力アップ系の戦法が発動するのも勿体ない。

理想は「能力アップ戦法→攻撃戦法の順で発動し、連鎖率が高い」という部隊編成。戦力も大事ですが、この理想も忘れないように武将選び・部隊編成を行うことが大切です。

まとめ

  1. 戦力を決める要素は「武将ステータス・戦法・技能・研究」の4つ
  2. 戦力を伸ばしやすいのは武将ステータス。特に将星重ねは一気に伸びる
  3. 研究はすぐに戦力が増えるわけではないが、戦力が大きくなるほど重要なため、ステータス強化と合わせて行うこと
  4. 戦闘は戦力だけでは決まらない。「連鎖率と戦法のコンボ」も意識した武将選び・部隊編成をすること