三國志覇道 特別討伐令について

三國志覇道 特別討伐令について

イベント情報

イベント内容

対象NPCを撃破してポイントを獲得。獲得ポイントに応じて武将友好度や研究素材、銅銭などのアイテムと交換できる。

※撃破NPCに拠点の守備兵や城の守備兵は対象外。対象部隊に龍のようなマークがあるものはオッケー

画像右下のような龍のマークの部隊がポイント対象
(左上の拠点部隊は対象外)

4日間に渡って開催されるイベントです。後ほど紹介しますが、研究素材やSSR顔良・文醜、求賢礼などが誰でも手に入れることができるチャンス。

特に研究素材が入手できる数少ないイベントのため、積極的に参加することをおすすめします。

前回との相違点

交換アイテムの追加・削除

第2回の時と比較して

  • 「求賢札、求人札、建設短縮・初、採集励行令、探索励行令、休戦符・初」の追加
  • 軍令書回復・初の削除

追加された交換アイテムが大量に増えました。探索励行令は初登場ではないでしょうか。

逆に、1.2回目まで登場していた軍令書回復・初が無くなっています。

報酬一覧と必要ポイント

獲得できるポイント

撃破ポイントは賊レベルで決まります。賊のレベル=撃破ポイントです。

ただし、精鋭盗賊はその3倍獲得できます(例えば、レベル70の場合は210pt)

優先して交換するべきもの(11月18日開催版)

『建設短縮・初、探索励行令、王壁』これらは絶対確保

撃破ポイントでの交換優先度ですが、上に挙げた3つは上限まで交換しておきましょう。

建設短縮は君主レベル上げに、探索励行は急ぎで探索を終わらせたいときに、王壁はどの研究をするにも必要なためです。

 

上記以外は

『武将関係(求賢・求人など)=研究素材(麻布・馬皮など)=銅銭箱>経験値書』

です。

経験値書以外は入手に宝玉が必要な場合が多いため、経験値書以外のものを優先して交換しましょう。

 

ポイントの効率のいい集め方

1部隊で倒せる高レベル賊を狙うのがポイント

ポイントは高レベル・高戦力の部隊を撃破するほどたくさん獲得できます。

ただし、撃破するまでの兵士損失や軍令消費を考えると高レベルを狙うことはオススメできません。

 

例えばですが、

  • レベル70の賊部隊を2部隊で倒して70PT
  • レベル40の賊部隊を1部隊で倒して40PT

どちらが1軍令あたりの効率が良いでしょうか?後者ですよね(前者は1軍令35PT、後者は1軍令40PT)

 

『1軍令あたり何ポイント稼げるか』を意識して討伐に向かわせると貴重な軍令を無駄なく活用できるようになるので、軍令不足の人は意識して討伐しましょう。

おすすめは、1部隊に特化して兵種相性がいい高レベル部隊を撃破することです。

まとめ

  • 優先して交換するものは人によって異なる。全部獲得するのは困難なため、優先して自分が必要なものを選ぶこと
  • 高レベルになるほど獲得できるポイントは増える。ただし、それに比例して敵も強くなる
  • 大事なのは1軍令あたりどれだけポイントを稼げるか。時間があるのならば、1部隊特化で高レベル部隊を狙うと良い

※参考資料

過去の報酬一覧と必要ポイント(9月28日~9月30日分)

優先して交換するべきもの(9月28日開催版)

これは人それぞれになります。なぜかというと、あなたが現在何を必要としているかによるからです。

 

例えば、交流に必要な交流Pが足りないのであれば顔良・文醜の友好度が最優先になりますし、友好度は足りてるけど銅銭がないというのであれば銅銭箱・小を優先する必要があります。

 

以上のことを踏まえて、ケース別に分けると以下のようになります。

武将あるいは交流Pが欲しい

顔良・文醜の友好度を優先するのもいいです。ただし、交流Pが目当ての交換であれば70ポイント上限20回のみにすることをオススメします(もう片方は必要ポイントが1.5倍に跳ね上がっているため)

研究を優先したい:研究素材

交易・貿易拠点や都市が落とせない人は研究素材と交換する必要が出てくるでしょう。

ここで最優先で交換したいのは王壁です。これが無いと何1つ研究をすすめることができません。逆に、他の研究素材(白玉環や麻布など)は研究レベル6以上にする際に必要になると思われるため、そこまで高レベル研究をする予定が無い人は後回しで構いません。

※参考ページ