三國志覇道 また被った!賊攻撃被りの対処方法3選(+番外編)

三國志覇道 また被った!賊攻撃被りの対処方法3選(+番外編)

どーもこんばんは。リーレです。

先日掲載した高レベル賊の探し方についての記事の影響なのか、前回の特別討伐令の時以上に今回のハロウィンイベントは賊の奪い合いが激しくなっています。

 

私も何度か攻撃する賊が被ってしまい、そのまま攻撃被せをする度胸が無いので泣く泣く目標を変えています。

 

ただ、目標変更にも軍令を使うので、できればそのまま攻撃したいのが本音。

しかし、攻撃が被るとラストアタック(撃破)できない場合があり、ポイントが取れない可能性が出てくるため、被らずに攻撃できるのが理想的と言えます。

 

今回は、そんな賊への攻撃被り回避方法について私が意識・実戦している3つの方法と、実戦はしていないけど回避法として考えられる番外編を紹介していきたいと思います。

1.狙っている賊タイプを被せない

1つ目の方法は狙っている賊タイプを被せないようにすることです。

よくあるあるなのが「レベル60.70の弓賊」の被りでしょう。最初にもらえる張遼をそのまま主将にした部隊を使っている人が多いからです。

 

そのため、攻撃被りを心配するのであれば最初からこの「レベル60.70の弓賊」には攻撃しないのが懸命な判断。出現したらその時間にインしている周囲のプレイヤーが一斉に攻撃すると言っても過言ではありません。

 

また、弓賊以外にも呂布使いの人が多ければ70の馬賊も被ってしまう可能性があります。

こうなってしまった場合は諦めて歩兵賊のみ狙うか、次以降に紹介する方法を試してみましょう。

覇道のレッドリスト(←勝手に作った)に載ってるいる高レベル弓賊。
他の同レベル賊に比べて攻撃・防御が低いため倒しやすいです

2.時間帯をずらす

2つ目の方法は、賊討伐の時間帯をずらすことです。

どれだけ強い部隊でも兵士の損失は出ますし、プレイ時間も限られています。

そのため、賊狩りをしていて被りがひどい場合は思い切って時間帯をずらすことで、周囲に賊狩りプレイヤーがいなくなり快適にプレイできる場合もあります。

 

この方法ができるのはある程度時間に自由が効く人に限定されます。遊べる時間帯が決まっている上に、被りがひどい場合は3つ目の方法を試してみてください。

朝6時ごろの様子。少し早起きできればご覧のように高レベル賊が残っていることも

3.場所を移動する

3つ目の方法は、場所を移動する方法です。

移動するのに任意(無作為)遷都が必要なため、移動を躊躇してしまっているかもしれません。

しかし、攻撃被りによる軍令損失とストレスを考えれば安いものです。軍令回復は入手手段が限られていますから。

 

ただ、できることなら無駄なことはやりたくないもの。「ターゲットずらし」「時間帯ずらし」ともにダメだった場合の最終手段として場所移動は考えておくといいです。

任意遷都令は1つ200宝玉。対価が大きいため、移動先の見極めも大事

番外編:被せ君主を飛ばす

番外編ではありますが、被せてきた君主の城を飛ばすという方法も1つの方法です。

飛ばすことで戻ってくるのに任意遷都令を消費させることができ、戻ってこなければ狩場を優位に使うことができるでしょう。

 

ただし、当然のことながらその君主・軍団とは敵対関係間違いなしなので、相応のリスクがあることを覚悟しておく必要があります。

まとめ

  • 攻撃被りが発生したら、攻撃ターゲットを変更する(弓賊は倒しやすいため、被りが発生しやすい)
  • 攻撃できるターゲットがいない場合、時間帯・場所変更を試してみる
  • 自分から時間変更・移動したくない人は思い切って被せてきた人を攻撃するという方法も。ただし、相応のリスクは覚悟の上で。