三国志覇道 装備品の選び方

三国志覇道 装備品の選び方

どーも、こんばんは。リーレです。

 

先月のアップデートで装備品が追加されましたが、装備品の選別は進んでいますか?リーレは装備品の種類・効果が似すぎていて、今日(1月1日)までほとんど放置していました。

防具1つとっても、統率のみ上がるものと知力も上がるもの、技能がつくものなど様々で選別が面倒なんですよね。

 

今回はそんな紛らわしい装備品の選び方と、保管しておくべき装備品について解説してきたいと思います。

装備品の分類(種類とレアリティ)

装備品武器・防具・文具の3種類が存在。レアリティはN~SSRまで存在するが、一部の装備品しかSSRにできない

 

装備品は大きく「武器・防具・文具」の3種類に分かれます。それぞれの特徴は以下の通り。

装備の種類

武器

技能無し・能力高め(上)と、技能有り・能力低め(下)

武器の種類は2種類あり

・技能はないけど能力値高め

・能力値低いけど技能がついている

が存在します。

また、兵種ごとに装備できる種類が決まっています。

 

※ついている技能は「自身が主将で、兵力が50%以上のとき、戦法によるダメージ+7%」

防具

防具の種類は3種類あり

・技能は無いけど、統率がずば抜けて上がる

・技能はないけど、統率以外にもバランス良く上がる

・能力値低いけど技能がついている

が存在します。

 

※ついている技能は「自身が主将で、駐屯命令中に攻撃を受けた際、生存する負傷兵の数+21%」

文具

文具の種類は3種類あり

・知力が上がる。ただし技能無し

・政治があがる。技能有り

・魅力が上がる。技能有り

が存在します。

 

※ついてくる技能は「自身が主将のとき、採集効率+10%」

レアリティ

強化上限は3種類存在し

・N→R+が上限のもの

・R→SR+が上限のもの

・R→SSRが上限のもの

というふうに分類されています。

 

SSRまで強化できる装備品は限られているので、「強化頑張ったけどR+で止まってしまった」という風にならないように注意が必要です。

N→R+が上限のもの。
歩兵の銅刀・銅矛、弓兵の銅剣・短弓、騎兵の銅大刀・銅槍などが該当
R→SR+が上限のもの。
歩兵の呉鉤・鉄矛、弓兵の鉄孥・鉄弓、騎兵の眉尖刀・鉄槍などが該当
R→SSRが上限のもの。
歩兵の鉄刀・鉄双剣、弓兵の鉄剣・檀弓、騎兵の象鼻刀・蛇戟などが該当

断捨離の判断基準

N+以下は売却。Rも個数管理を

 

装備品もレアリティが高いほど能力値・技能付与があるため、レアなことに越したことはありません。

ただし、倉庫に保管できる装備品の数には限りがあるため、すべてのレアアイテムを保管しておくことは困難です(この保管数がまた少ないんですよね)

 

そのため、探索で見つけてきた装備品は「N+までは売却」し、倉庫を整理しておくようにしましょう。

(RはSRに強化するために必要なため、在庫の数を気をつけながら売却管理を)

倉庫管理が追いついていない悪い例。
所持数オーバーしたものは破棄されるので空きを作っておきましょう

残しておくべきR装備品の一覧

装備品名SSRでの装備名分類追加技能
鉄刀神刀歩兵専用武器無し
鉄双剣宝双剣歩兵専用武器不乱怒涛
自身が主将で、兵力が50%以上のとき、戦法によるダメージ+7%
鉄剣宝剣弓兵専用武器無し
檀弓宝雕弓弓兵専用武器不乱怒涛
自身が主将で、兵力が50%以上のとき、戦法によるダメージ+7%
大桿刀象鼻刀騎兵専用武器無し
鉄戟蛇戟騎兵専用武器不乱怒涛
自身が主将で、兵力が50%以上のとき、戦法によるダメージ+7%
明鉄鎧明光鎧防具自身が主将で、駐屯命令中に攻撃を受けた際、生存する負傷兵の数+21%
黒鉄鎧黒光鎧防具無し
小冠委貌冠防具無し
名家経書易経文具(知力特化)易経
名家史書戦国策文具(政治特化)自身が主将のとき、採集効率+10%
羽人獣文鏡呂氏鏡文具(魅力特化)自身が主将のとき、探索効率+10%